自炊で節約!手軽に料理してお金を貯める方法


ビジネスマンの方の多くはお小遣い制でやりくりされておられます。そのお小遣いの中で最もかかる経費がお昼ごはんになります。1日500円としても20日勤務ですと10.000円になります。ここではビジネスマン究極の手軽にできる食費削減方法をご紹介します。
ただし他人に見つかったら確実に大恥をかいてしまいますので、自己責任でお願いします。これが可能なのは日常業務に車を使う事ができ、お昼ごはんを車の中でとれるビジネスマンの方が対象になります。特に長距離トラックの運転手さんなどですと非常に使える方法です。
用意する物は卓上コンロと丸型のハンゴウです。卓上コンロは3000円ほど、丸型ハンゴウは1500円ほどで購入できます。要は車の中で自炊をしてしまうという事です。ハンゴウですとお米は一人分、大盛り作るとして約6分ほどで炊き上がります。
また、丸型ハンゴウが良いのはウインナー等をボイルできたり、スパゲティを茹でたりする事が可能です。さらに冬場などはハンゴウの底に蒸し用の底敷きを入れ、手軽に肉まんなど蒸かす事ができます。小なべがあればラーメンを作れますし、フライパンがあれば焼きそばなども手軽に作る事ができます。お米を炊いてオカズのみ購入する事もできますし、食費は1食あたり100円から200円程度で済む様になります。
車の中に小さめのクーラーボックスを積んでおき、ペットボトル(水は当然持参)を凍らせておけば数日間は食材を保存する事もできます。この方法で自炊をおこなえば、極限まで節約でき更にお腹一杯好きなものを食べる事ができます。
食器洗いなどを考えると、水は2リットルペットボトルを2本分ほど積んでおく必要があります。同僚等に見つからないよう、食べる場所には細心の注意を払い機材等は段ボールなどの中に隠しておくと安心です。くれぐれも事故のおきないよう自己責任でお願いします。間違っても夏場にガスボンベを炎天下で車に入れっぱなし等無きよう注意する必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です